風評被害とはいったいなんなのか?

風評被害とはありもしない身勝手な噂によって、その会社の名誉を傷つけられたり、損害を受けたり、またその地域が差別されたりすることです。また噂が本当であったとしても、少しでもその噂に関係した会社や地域などが、差別されたり、損害を受けたりします。テレビや新聞などで犯罪や事件など報道するとき、誤った報道をしたり、誇張した報道をすることによって、その事件の関係者の名誉を傷つけたり、人間関係の崩壊、生活基盤の破壊なども風評被害にあたります。

具体的な風評被害ってどんなものなのか?

風評被害とは具体的にどんなものがあるのか説明すると、例えばとあるデパートの惣菜を売るテナントで異物混入があったとして、他のテナントは異物混入に気をつけてやっていたとしても、そのデパート自体が信用を失い売れなくなってしまうことだったりします。あとは、東日本大震災などでは福島原発の事故が原因で福島県全体が高い放射能を浴びているのではと思われてしまって、福島県の作物などが売れなくなったり、福島県から人がどんどん去ってしまったりしてしまうことです。

もし風評被害に遭ってしまったらどうすればいいのか?

風評被害には絶対に巻き込まれたくないものですが、自分が気をつけていても巻き込まれてしまうこともたくさんあります。ではどうすればいいのか???風評被害に遭う前に、間違った情報を流さずに、正確な情報を流す必要があります。根も葉もない噂はしないようにしましょう。もし風評被害に遭ってしまったら!たいへんなことですが、時間の流れをまってみんなが忘れてくれるまで待つとか、根も葉もない噂だったら、自分は(会社、地域)は、間違ったことはしてないとアピールすることも大切です。それでも気がすまないのであれば、風評被害に対応してくれる弁護士もいますので、相談してもいいかと思います。

掲示板やSNSで根拠不明の中傷する書き込みをされた場合は、弁護士に依頼し情報かい請求をするのが、インターネットの誹謗中傷対策です。