ネットの誹謗中傷は対処が難しい

インターネットの書き込みを原因とする誹謗中傷や風評被害が後を絶ちません。インターネットの匿名性を利用した悪質な書き込み、流言飛語の流布が横行しており、企業の方もこうした状況への対応に迫られていますね。しかしとりわけネットの世界の誹謗中傷対策は難しいというのが現状です。ネットの場合、悪質な書き込みをしても加害者自身によって削除でき、しかも匿名性が高いために、要するに証拠隠滅をしやすくそのうえ足がつきにくいという犯罪の温床となるべき特性を備えているんですね。

ネットでの誹謗中傷について

ネットでの誹謗中傷というのは、加害者からすればとてもやりやすい環境が整ってしまっているといえます。ネットに誹謗中傷の書き込みが載ってしまって、それが風評被害に繋がってしまったという場合、企業などからすればいち早くその誹謗中傷の書き込みを削除して、場合によっては損害賠償請求も検討したいところですが、もし加害者にその書き込みを消されてしまった場合、要は証拠を隠滅されてしまったわけですから、刑事告訴などもしづらくなってしまうのです。なのでネットでそういった書き込みが書かれた場合、迅速な対応が必要になってくるというわけですね。

具体的にどうすべきなのか

ネット上でそういった誹謗中傷の書き込みが書かれてしまった場合には、具体的にまず何をしたらよいのでしょうか。一番最初にすべきこととしては、掲載されている事項を記録に残しておくということが大事ですね。加害者に消されてしまっては証拠がなくなってしまうので、こちらで証拠をしっかり確保しておくことがまずは大切です。具体的には、その誹謗中傷が掲載されているホームページやサイトを印刷しておいたり、サイトのURLアドレスや書かれた日時、書き込み者を記録に残しておくということを大切です。

2ちゃんねるに書き込んだレスは他の掲示板と違って自身で削除することは出来ません。削除要請をすることで消してもらいます。2ちゃんねる削除はガイドラインに従い申請すれば簡単です。