色々な単価で比較する!

ウォーターサーバーをレンタルする際に消耗品となる水の単価をチェックするのが基本ですが、1ボトルいくらではなく、1ボトルが何リットル入っていて1リットルいくらになるかチェックします。月額使用料やボトルの送料がいくらかも重要なポイントで、注文単位が何本かも必ず確認しておくと在庫をどこに収納するのかも考慮出来ます。単価で表すと比較しやすいので、ボトルの容量や送料など比べてみると選択する際の重要なポイントになります。

サービスで比較するには?

様々なサービスが存在するので、どう比較するか迷いますが解約手数料が発生するのか・お試しサービスがあるのか・定期注文の変更が可能かどうかが選択する際に重要なポイントとなります。解約は使用期間を問わず可能か・1年以上使用すれば手数料が無料になるのかも鍵になり、生活に変更が起こる可能性(引越し・結婚など)が考えられる方は必ず確認します。お試しサービスは美味しさだけでなく実際にどの程度使用するのか確認できます。定期注文にした方が割安になりますが、数量の変更や注文可否を選択出来るのかもポイントになります。

他に確認するポイントとは?

1ヶ月で必ず注文しなければいけないノルマ注文があるのかを確認します。定期購入する方が大勢いますが、中には料理でもあまり使用しない・お茶を入れる際に使う程度の場合は使用料が少ない事が考えられるので必ずチェックします。設置を業者がやってくれるのか・配送されて自分で設置するタイプかを確認します。頼んだのに自分でやるタイプで大変だった話を聞きますので、思い込みで依頼せず説明をよく聞いて選択します。信頼できる業者かどうかも重要なポイントになりますので、安心できる業者かどうかの見極めも重要になります。

レンタルサーバーの利用はサーバーを管理する専門業者と契約を結ぶ必要があります。多くの場合、契約内容によってサーバーの容量が異なるので詳細の確認が不可欠です。